鎌倉~湘南のローカル情報

4年の南アフリカ生活を終え日本へ帰国!鎌倉~湘南を中心にローカルな話題をお伝えします!

南アフリカ ロックダウン21日目 ~外出禁止を継続~

ロックダウンに入り丸3週間。4月末まで残り2週間。
ロックダウンの生活リズムにも大分慣れてきたが、南アフリカのロックダウンは規制が厳しくストレスの溜まっている人も多いと思う。
しかし、ここはスプリングボックスの国、規律が重要視されるラグビー世界ナンバー1国である。冷静にロックダウンに対応している人が多い。日本人の私からみても関心。

                                                                 (Source; Moneyweb)
ロックダウン中に気づいたデメリットとメリットを並べてみた。


デメリット
〇 運動不足
意図的に体を動かさないと極端な運動不足に陥る。
(ジョギング、散歩も禁止)


〇 アルコールが購入できない
3週間の予定でワインなどのアルコールを準備していたが、ロックダウンが延長されたことで、南ア産ワインが底をつきそう。
(アルコールの再販を求める声も多いが、ロックダウン中の実現性は低そう)

                             (Source;BBC)
〇 業績の心配
リモートワークはできるが、実働として販売できる状態に無いため4月の売上は殆ど期待できない。5月以降どこまで取り戻せるかが鍵。


〇 仕事の効率性
さすがにリモートで100%仕事はカバーできない。週に2回程度は出社しないと全体的な仕事の効率性は維持できない。


さてメリットは、
〇 感染リスクの低減
なんといっても感染リスクの低減が実感できる。


〇 空気がきれい
普段から緑の多い街だが、交通量が少なく都心の空気が更に澄んでいる。


〇 犯罪率の低減
ロックダウン中はさすがに去年の同時期と比べ犯罪率が急激に減っている。
ただし、家庭内暴力は急増。


コロナ感染拡大防止のロックダウン措置だが、大きな犠牲の上に成り立っている事に間違いはない。効果を期待したい。

コロナ検体テストを加速 ~南アフリカ~

コロナ対策の一環として南アフリカの保健省は検体テストの実施を加速すると再三伝えている。
4月14日現在の感染者は2,415名、テスト数は87,002名、テスト数と感染者数の相関関係のデーターはないが、テスト数に対する感染者数は単純計算すると 2.78%
これが意味するところを日本の厚生省が提示しているデーターと比較して検証。


                                                                                                           (Source; eNCA)


日本のテスト数は、4月13日現在で、72,801名。南アフリカの検体数より少ないので大変驚きました。テスト数と感染者数(7,509名)の割合は、10.3%と公表されています。


南アフリカの2.78%と比べ、大変高い割合です。
海外から感染防止に成功していると賞賛されている和歌山県をみてみると、
感染者:34名、テスト数:2092名、割合1.6%となっています。
和歌山県は感染者と接触した方を徹底的に検査することで、感染拡大を予防していると報じられています。従い、テスト数が相対的に高いと思う。
テスト数が高いところは、感染拡大の防止につながっているのではないか?
東京都は34.3%、大阪府は27.2%と割合が極めて高い。
感染者との接触者の追跡が後手後手に回っている事をこのデーターは訴えている。
データーからみても、検体数の多さは感染拡大防止に繋がると思われる

                        (Source; 厚生労働省HP)


検体テストをすることで、新たな感染者数は加算されていくことになるが、
予防対策として重要なことがデータより伺える。
南アフリカの検体テストの実施はよく頑張っていると思う。

コロナを侮ってはいけない② ~回復者の数との比較~

日本、南アフリカ、全世界の感染状況を9日前の4月5日と比較:


    (左:4月5日、右:4月14日現在)
日本:     
感染者数:3,271人    7,645人
回復者数:575人         853人
死亡者数:70人           109人


南アフリカ
感染者数:1,585人    2,272人   
回復者数:45人            410人
死亡者数:9人                 27人


世界全体
感染者数:1,048,003人 1,765,117人 
回復者数:245,019人         446,650人
死亡者数:56,905人           111,538人


日本の感染者数がこの9日間で大きく増えている。
日本は2.34倍、南アフリカは1.43倍、世界は1.68倍


                                                                                                (Source;Arficacheck.org)
各データとも回復された人数がまだ少ない。
ICUなどの治療を受けている方も多いと思う。


さて、感染後回復途上の方が多いと思うが、結果として回復された方と亡くなられた方の比率をアップデート。


日本;
 回復率:853/(853+109)= 88.7%
 死亡率:109/(853+109)= 11.3%


南アフリカ;
 回復率:410/(410+27)= 93.8%
 死亡率: 27/(410+27) = 6.2%


世界;
 回復率:446,650/(446,650+111,538)= 80.0%
 死亡率:111,538/(446,650+111,538)= 20.0%


データを見る限り、死亡率の高さが見えてくる。
コロナを侮ってはいけない
感染予防を徹底しよう!

南アフリカ ロックダウン19日目 ~再延長は?~

雨上がり、ふと外をみると光が差し込む美しい光景が。。。。
コロナ対策にも明るい兆しが欲しい。。。



3月26日深夜からロックダウンが始まり今日で19日目
当初は4月16日までとなっていたが、4月30日までの延長措置がとられている。
計35日間のロックダウンに対し既に折り返し地点を過ぎているが、さて4月30日で終了するのか?それとも再延長か?


昨晩 閣僚諮問委員会の委員長であるカリム氏が興味深い分析を行い、一つのガイドラインとして4月10日~16日間の1日平均の感染者数が90名以上であればロックダウンを継続、90名未満であれば各種条件を満たすことでロックダウンを緩和、もしくは44名以下ならロックダウンの緩和と、前向きな分析とともに慎重な意見を提示していた。
                                                                                                              (Source; eNCA)


カリム氏はロックダウンの効果を認めており、ロックダウン後、日当たりの感染者数の増加が平坦になっており、Plateauという表現をしきりに用いていた、即ち感染増加が落ち着いていると統計データを用いて説明していた。明解で納得性がある。
この感染増加の抑制はロックダウンという市民の犠牲の上に成り立っており、無条件でロックダウンを終了させると、その反動で一気に感染が拡大することを同氏は懸念している。せっかくのロックダウンの犠牲が台無しになる恐れがある。


4月10日以降ここ3日間の感染者の増加は平均89.7名/日、まさにガイドライン線上である。ロックダウン緩和には諸条件を満たすことを条件としているが、緩和に向けた新たな動きを期待したい。


(4/10: 感染数:2003名、4/13:2272名、3日間で269名増加 ~平均89.7名/日~)

                          (Source; Flatten the Curve)
第2コーナーは延長という手段でうまく乗り切れていると思う、さて第3コーナーは?

コロナという重い十字架 ~南アフリカ~

ラマポーザ大統領がイースター早々のインタビューで「コロナは今我々に重くのしかかった十字架である。これは老いも若きも、富める者も貧しい者も、男であれ女であれ、白人も黒人も区別なく一人一人が運んでいる重い十字架である」という話があった。
                             (Source: eNCA)

国のリーダーとして真摯にコロナに立ち向かう姿勢が伺える。
本来なら浮かれるイースター休暇を、希望と回復そして再生への道に置き換えた真剣なメッセージ。復活祭らしい言葉でもある。


現在南アフリカでは約80,000人に対しCOVID-19 テストチェックを終えている。
これを来週までに60万人以上に増やすと保健省は宣言している。
徹底したコロナ対策の効果を期待したい。
                        (Source; eNCA)