鎌倉~湘南のローカル情報

4年の南アフリカ生活を終え日本へ帰国!鎌倉~湘南を中心にローカルな話題をお伝えします!

世界遺産「富岡製糸場」~完璧な保存状態~ 日本の近代化を支えた立役者!

軽井沢に入る前に、世界遺産「富岡製糸場」に立ち寄ってきました。
10年前に世界遺産に登録されてから、長く訪問したいなぁと思っていましたが、やっと念願が叶いました(⌒∇⌒)


明治初期、生糸の生産を推し進め、輸出することで外貨を稼ぎ、富国強兵の財源にするという構想を抱いた経済の天才~渋沢栄一氏の思いが詰まった製糸工場です。
150年前当時の建物がものの見事に原形を留めて現代に引き継がれています!


当時は蚕の病気が世界で蔓延しほぼ壊滅状態になっていましたが、鎖国が幸いし、日本の蚕には被害が及ばなかったため、富岡製糸場で作られた生糸は高値で取引されました。そして、生産規模も世界でNo.1 だったため、莫大な外貨を稼ぐことができたようです。
まさに明治の富国強兵政策を支えた工場で、富岡製糸場なくして日本の近代化を推し進めることは不可能と思えるくいらい強いインパクトを残した世界遺産でした。
まさに、日本の近代化を支えた立役者です!


その製糸工場の建物が明治、大正、昭和、平成、そして令和という時を経て原形を留めた状態で見事に保存されていいます。奇跡的な事かもしれません。


世界遺産「富岡製糸場」のゲート

富岡製糸場全体は世界遺産に登録されていますが、
3つの建物が国宝に指定されています。


国宝① 東置繭所 (原料の繭を保管していた倉庫)
入場ゲート正面にあります。フランス式のレンガ様式と日本の木造建築が合体した建物。
明治5年当時の建物がオリジナルのまま残っています。

【明治5年の年号が刻み込まれた印が当時のまま残っています。】

説明付きガイドツアー(40分)に参加。
ご年配のガイドさんでしたが、元気な方で、説明も大変上手!
「はいよく見てください、この建物の材料は100%レンガじゃありませんよ。柱は木造で構成されています。このようにレンガと木造の柱が組み合わさった建築物は「木骨レンガ造り」といって富岡のオリジナルです。これが理由で国宝に指定されました。。。。」うんうん、わかりやすい説明です!
富岡製糸場を心から愛するガイドさんでした♪

国宝② 繰糸所
操糸工場の外観。電気が通ってない明治時代~窓ガラスを大きくとり採光性を重視した繰糸工場。

奥行140mの製糸工場が当時のまま保管されています!

桑の木畑も富岡製糸場の敷地内に残っています!

国宝③ 西置繭所
こちらも繭の保管庫でした。 建物内部の1階は展示スペースとなっています。

見学後、お腹がすいたので、富岡市街をプラプラ散歩しレストランを探索~
県立世界遺産センター内のカフェ(元富岡倉庫)へ

レトロな外観のカフェ

カフェ内部はオシャレなデザイン

そば粉を使ったガレットを注文
【妻が注文した サーモン・ガレット】

【私が注文した生ハム・ガレット】

富岡市街には古い建物が点在しています。

旧韮塚製糸場に、世界遺産・富岡製糸場の入場券売り場があります(入門ゲートの50メートルほど手前)。

日本の素晴らしさを再発掘した一日でした♪

12年ぶりの軽井沢

GWの前半の休みを利用して軽井沢へ!
2012年以来~12年ぶりの訪問となります。
旧軽井沢界隈は海外からの観光客も多く、食事や買い物客で賑わっていました。


人が街をつくるというか、軽井沢のお店は老舗も新規参入者もうまく入り混じり、人を呼び込むことで、街が活性化しているように思いました。 さすが軽井沢!


2009年にオープンしたベーカリー「沢村」
すっかり軽井沢の顔になっています。

パンの種類も豊富です!

旧軽井沢の街並み

軽井沢発の老舗のジャム屋さん「沢屋」

沢屋のジャムは都内や神奈川でも購入できますが、軽井沢店限定商品もあります!

長野ならではのルバーブ系のジャムといちじく(フィグ)をブレンドしたジャムなどを購入

スヌーピー好きの方にはたまらないグッズの販売やカフェのある
「スヌーピー・ヴィレッジ」

店内はスヌーピーのキャラクター商品で溢れています(⌒∇⌒)

歩き疲れたのでカフェで一休み @「Cafe Saku G」
小布施の老舗「栗庵風味堂」のショップも店内にあり、栗を使ったデザートが豊富!

栗づくし(パフェ)とコーヒーを注文
(小布施牛乳ソフトクリーム、栗の甘露煮、自家製栗餡、栗の渋皮煮、くまモナカ(皮)をアレンジしたパフェ)

軽井沢紀行が続きます(⌒∇⌒)

富士屋ホテル、そして渡辺ベーカリー @箱根・宮ノ下

箱根は外国人に大人気のようで、宮ノ下でもあちらこちらで外国からの観光客の姿がみられました。
箱根の名門「富士屋ホテル」にも多くの外国からのお客様が宿泊されていました。
この円安下、欧米人にとっては日本が誇る高級ホテルもリーズナブルな価格に感じるのかもしれません。


実は私の目的は、箱根のベーカリーの名門「渡邊ベーカリー」でパンを購入する事で、ついでに、富士屋ホテルにも立ち寄ってみました。


箱根の名門 ~富士屋ホテル~

富士屋ホテルは、約2年の年月をかけて改修工事をやっていましたが、150年近い前の雰囲気をそのまま残し見事に復活しています(改修工事は2018年~2000年だったと思います)

売り場(陳列台)の雰囲気もうまく演出されていました(⌒∇⌒)

富士屋ホテル近くの「渡邊ベーカリー」~こちらも明治24年創業の名門です~

こちらで、箱根山ローズという渡邊ベーカリーオリジナルの食パンと、レーズンパンを購入
(翌朝、箱根山ローズにバターを塗り餡子をのせて頂きました)

渡邊ベーカリーのHP


皆さま~よい連休をお過ごしください!

箱根でレトロ感を楽しめる絶好のカフェ 「Naraya Cafe」@宮ノ下

箱根登山鉄道駅にほど近いNaraya-Cafe(ナラヤ・カフェ)は、オープンな雰囲気でレトロ感を存分に味わえるカフェです。


昔は温泉宿であった古い施設をカフェにアレンジしています。
足湯スペースをいくつか配置し、山の中腹に位置し、眼下に箱根の絶景が楽しめる設計になっています。
古い建物をうまくメンテし、清潔感もあり居心地抜群(⌒∇⌒)


箱根立ち寄りの休憩におすすめのスポットです♪


箱根登山鉄道「宮ノ下駅」と目と鼻の先に位置するカフェ

広々とした空間が気持ちいい!

店内には足湯カフェのスポットが2~3か所あります

足湯に浸かりながら絶景を楽しめます♪

古い建物をうまく利用した造りになっています♪

注文はカウンターで~指定した場所に食事と食べ物を運んでくれます

昼食後だったので、コーヒーを頂きました

窓のレイアウトにもセンスを感じます!

これからの季節~森林浴ついでにカフェに立ち寄るのもよさそう(⌒∇⌒)


ナラヤカフェのHP

箱根のイタリアン 「La Bazza (ラ・バッツァ)」@ 宮ノ下

箱根の宮ノ下にあるイタリアンLa Bazza (ラ・バッツァ)でランチを頂きました。


シェフは近くの名門ホテル「富士屋ホテル」で料理人を務めていたようで、お手頃に富士屋ホテルの味を楽しめるレストラン~ということで箱根界隈では人気のあるイタリアンです。


パスタランチもしくは肉か魚をメインにしたランチコースの2パターンが主なお昼のメニューとなっています。


私は魚(サーモンソテー)、妻は肉(大山地鶏のチーズ焼)をメインにしたランチコースを頂きました(⌒∇⌒)


前菜のサラダ
クリーミーなドレッシングが人気で、ドレッシングも店頭で販売していました。

パンかライスを選択できますが、人気の自家製バターを頂きたかったのでパンをチョイス

サーモンのグリル

大山地鶏のチーズ焼き

ちなみにランチコースは2,100円(税抜き)でした。
満足度の高いイタリアンです♪


La BazzaのHP